新着情報

  • コンテンツSEOとは何か?

    SEO対策 お知らせ

    片桐光知子 │ 代表Web戦略コンサルタント/大学非常勤講師

    コンテンツSEOとは、ユーザにとって有益なオリジナリティのあるコンテンツ(ページ)を継続して増やしていくSEO対策です。 

    どんな効果があるのか?

    1.ビッグキーワードでの検索順位が上がり、ユーザ数(ページへ訪れる人数)が増加する。
    2.複合キーワード(2個以上のキーワード「〇〇〇 △△」)での検索順位が上がり、
      ユーザ数(ページへ訪れる人数)が増加する。
    3.親切な印象を与えることができる
    4.専門性が高いと思われる
    5.信頼される


    1.ビッグキーワードでの検索順位が上がり、ユーザ数(ページへ訪れる人数)が増加する。

    検索数の多いビッグキーワードで上位表示されることにより、
    多くの検索ユーザの目に触れ、サイトへ訪れてもらうことができるようになります。

    2.複合キーワード(2個以上のキーワード)での検索順位が上がり、
      ユーザ数(ページへ訪れる人数)が増加する。

    複合キーワード(2個以上のキーワード:例.「きしめん 作り方」)で上位表示を狙うことで、
    よりマッチするユーザにサイトへ訪れてもらうことができるようになります。

    (例.きしめんの通販サイトへ流入させたい時、作り方、レシピ等のキーワードと
    合わせて対策することにより、購買確率の高いユーザを呼び込むことができます)

    3.親切な印象を与えることができる

    ある一定以上の検索数が見込める複合キーワードを選定して、
    ユーザの興味関心、悩みに答えられるコンテンツ(ページ)を増やしていきます。
    お役立ち情報を掲載することで、「親切に教えてもらえた」と好意的に受け取られます。
    困っていて探しているユーザ、豆知識を知りたいユーザ等に、プラスのイメージをもってもらうことができます。

    4.専門性が高いと思われる

    記事を継続的に更新していくためには、その分野に対する知識が必要です。
    多く情報が開示されていることにより、該当する分野に詳しい専門的な会社として見てもらえるようになります。

    5.信頼される

    専門性の高いお役立ち情報を定期的に発信することにより、親切×専門性 → 信頼が得られます。
    信用できる会社だと思ってもらえます。

     

    最も効果のあるSEO

    検索上位対策に効果があるだけではなく、ユーザから信頼される、ブランド力を高める施策です。
    文字数は2500文字~6500文字程度が、私が調べた限りでは効果が高く、10000文字程度でも上位表示されています。

    ユーザの役に立つ良質なコンテンツを企画、ライティング、SEOリライトして月に数本記事を公開します。
    ここでポイントなのは、前月のアクセス解析をチェックし、必ず効果測定することです。
    よく読まれたコンテンツはニーズがあるので増やすなど、改善し続けていくことが大切です。

    季節的な需要もあるので、来月の検索予測値を参考にして、季節需要の高いものやニュース性のある事柄を取り入れるのもよいでしょう。

    よく読まれたコンテンツは、追加で記載できるような事柄があったときに、追記・更新し、
    常に最新版に内容をブラッシュアップすることで、より良い記事となります。

    Google広告を出稿している場合は、広告の効果から企画の内容を決めるのもよいでしょう。

    コンテンツSEOのデメリット

    コンテンツSEOのデメリットはありませんが、向かない場合があります。
    それは、継続できない場合です。

    コンテンツSEOには、下記の力が必要になります。

    企画を考える力、ライティング能力、SEOのノウハウ、アクセス解析の分析力、時代のニーズを読む力。

    自社の分野に明るい会社に外注する、社内で体制を整えるのどちらかやりやすいほうで、
    途中で投げ出さず、継続していく必要があります。

    ※デメリットとまではいきませんが、SEO対策は効果が出るまでに最低でも半年はかかるので、
    すぐに効果を出したい場合には向きません。

  • SEO対策は悪

    SEO対策 お知らせ

    片桐光知子 │ 代表Web戦略コンサルタント/大学非常勤講師

    「SEO対策」(検索エンジン最適化。一般的には、ある特定のキーワードで検索した際、検索結果でサイトを上位表示させる手法)に対して悪いイメージをもたれる人がいます。

    SEO対策=悪なのか?
    なぜ悪いイメージをもたれることがあるのか?

    結論から申し上げますと、10年前のSEO対策に問題があったからかと思われます。
    どういうことか?

    10年前の背景

    ・ホームページを持っている会社がまだ少なく、限られている時代。
    ・月間検索数の詳細データがインターネット上に無料で掲載されている時代。

    私はSEO歴13年、2007年からSEO関係の会社に入社し、Webディレクターをはじめました。
    当時は、Yahoo!の検索エンジン利用者のほうがGoogleの利用者数よりも多かったです。

    Yahoo!は比較的問題になるサイト、ページは削除されて載っていなかったのですが、
    Googleは無法地帯で、荒れていました。

    Googleは、専門的なこと、マニアックなこと、Yahoo!では削除されてしまうような内容などを
    調べるために使われていました。
    職場で近くの席のWebデザイナーがこんなことを言っていて、「確かに」と思って聞いていたことを覚えています。

    10年前のSEOは、多くの利用者のいる「Yahoo!の検索エンジンに対する対策」でした。

    当時のSEO対策の方法

    検索エンジンの順位を決める指標として、
    当時は、「キーワード」と「被リンク」で決まると言っても過言ではない状態でした。

    ・キーワード
     キーワードが対策したいサイト内に多く入っているかどうかがポイント。

    ・被リンク
     意味は、他サイトからリンクを受けることです。多くのサイトからリンクされているかどうかがポイント。

    【主な問題点】
    ・キーワードが、日本語として成り立たないくらい大量に使われている、意味不明なサイトが上位表示されていた。
    ・低品質なコンテンツが多く掲載されているWebサイトからの被リンク、
     明らかにSEOをねらって、サイトの内容と関係ない内容のサイトから不自然な大量のリンクがはられているサイトが上位表示されていた。

    ユーザにとって役に立たないサイトでも上位表示されて、汚染されていました。

    【問題解決のために】

    検索順位は非常に多くの検索アルゴリズム(指標)によって決まり、
    ユーザにとって有益でないサイトは検索順位を落とす、最悪検索結果に出てこないようにされました。

    今の検索エンジンシェアは、Googleが 77.55%、Yahoo!が 18.33%
    bingが 3.64%、その他検索エンジンその他 0.48%です。(2020年6月)
    参照元:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan

    Googleの検索エンジンが進化し、Yahoo!がGoogleの検索エンジンの仕組みを採用したのが2010年。
    (現在Yahoo!検索はGoogleの検索エンジンを使用しています)

    今、過去のSEO対策のやり方をすると、ペナルティをくらい、
    検索順位が100ページ以降にされたり、最悪検索結果に出てこない、ということが起こります。

    今のSEO対策の方法

    現在のSEO対策は、ユーザにとって価値ある情報を提供するために
    内部施策、外部施策を行う正攻法のSEO対策です。

    検索順位は、非常に多くの検索指標によって決まります。
    たんにサイト内のキーワード出現率が高いかどうか、
    多くのサイトからリンクをされているかどうかではなく、
    より本質的な観点から評価を下されるようになっています。

    まとめ

    「SEOは悪か?」
    過去は悪質なやり方も通じました。小手先の技術でもって、役立つ情報や正しい情報よりも
    特に価値の感じられないサイトが上位表示されることがありました。

    現在は「正攻法のSEO対策」で勝負する時代です。
    検索エンジンは日々進化しているので、対策方法も変わっていっています。
    日々進化していく検索エンジンに対するSEO対策を行う必要があります。

  • SEOとは何か?

    SEO対策 お知らせ

    片桐光知子 │ 代表Web戦略コンサルタント/大学非常勤講師

    「SEO対策」とは
    Search Engine Optimization: 検索エンジン最適化

    検索エンジンの検索結果で、Webサイトが表示される順位を上げる手法です。

    ホームぺージをもつことが当たり前となった現在、インターネット上には膨大な情報があふれ、ただホームページを持っているだけでは見て頂けない時代になりました。埋もれてしまうからです。

    ◎膨大な情報量の中で検索しWebサイトへ訪れて頂けるようにするのが、「SEO対策」です。

    今の時代は
    大手が売れる時代ではなく、
    業種、サービス、商品名などで、検索して上位表示された会社が売れる時代です。

    新規顧客を獲得したい場合、効果的な施策です。
    検索ユーザは、能動的に検索しているので、契約や購入確度が高いです。

  • 岐阜県ECサイト新規構築等事業費補助金の募集開始【〆切9/18】

    岐阜県は、県産品を販売する「ECサイト新規構築等事業費補助金」の募集を開始しました。
    「県産品を販売する」とは、県内に所在する実店舗を管理・運営し、実際に店舗で県産品を陳列し、販売していることを言います。
    応募〆切:9/18

    <内容と補助額>
    ECサイト新規構築事業 100万円以上で75万円補助(補助率3/4)
    ECサイト改修事業 45万円以上で30万円補助(補助率2/3)
    ※詳細は下記リンクをクリックして確認してください。

    ECサイト新規構築等事業費補助金募集のご案内
    ※岐阜県のページへリンクします。

    <条件に該当せず対象とならない場合>
    ・「IT導入補助金」の対象となる場合があります。
    ・小規模事業者の場合、「小規模事業者持続化補助金」の対象となる場合があります。

    いづれもECサイト制作(通販・ネットショップ)の制作について利用できます。

    規模事業者持続化補助金の書類作成サポートについてはこちら>

  • SECURITY ACTION(二つ星)を宣言しました。

    お知らせ

    このたび、ブライトシー株式会社は、SECURITY ACTION(二つ星)を宣言いたしました。

    security_action

    「SECURITY ACTION」とは、
    中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。
    安全・安心なIT社会を実現するために創設されました。

    取り組み状況によって、一つ星、二つ星の順に段階がございます。
    情報セキュリティポリシーを定め外部に公開したことにより、二つ星を宣言いたしました。

    当社は、ホームページ制作・ECサイト制作等を行っております。
    IT企業として情報セキュリティに対する意識を強く持ち、
    お客様に安全・安心をご提供いたします。

    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    代表取締役社長 片桐 光知子